第60回研究会

第60回UBI・第180回HCI合同研究発表会発表募集のご案内(12/4~5)

2018年12月04日(火)~05日(水)に,下記の通り第60回UBI研究会・第180回HCI合同研究発表会を開催いたします。
皆様からの多数のご投稿をお待ちしております。

■スケジュール
発表申込締切 2018年10月14日(日)(締切延長しました)
原稿締切 2018年11月08日(木) 24:00(JST) 厳守

■主催:
情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会

■共催:
情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)研究会 (第180回)

■日時:
2018年12月04日(火)~05日(水)
会場:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1番地 研究会会場:3階 会議室301
http://www.yumebutai.org/access/access.html

■交通アクセス:
舞子駅からバスで15分
神戸空港,大阪国際空港と関西国際空港からアクセスの方は,三宮駅に移動後バスにて45分
http://www.yumebutai.org/access/access.html

■発表申込:
Webフォーム経由での申し込みになります。
以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください。
発表申し込み先: https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=ubi
論文タイトル・概要・著者リストなどの情報を手元に用意した上で、
https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=ubi
からリンクをたどって、フォームに記入して申し込みをしてください。原稿の送付も同じシステムで行います。
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

■原稿ページ数:
6~8ページ

■テーマ(UBI)
・ユビキタスサービス、ヒューマンインタラクション
・ユビキタスネットワーク
・ユビキタスセキュリティ
・モバイル/ウェアラブルコンピューティング
・アーキテクチャ、ミドルウェア、エージェント
・ユビキタスデバイス
・コンテクストセンシング、ユビキタス生活支援、スマートスペース、スマートシティ、一般

■参加費:
以下のページを参照
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html

■宿泊・懇親会申込:
Googleフォーム経由での申し込みになります.申込締切は11月18日(日)です.
以下URLからお申込みください.
https://goo.gl/forms/KyRxjlBNu2xhkOxJ2

■プログラム:
※発表時間: 15~20分 質疑応答5~10分 計25分

1日目
13:00 – 13:05 :開会式
13:05 – 14:45 :電波と音波 (4件)

1. [UBI] Wi-Fiチャネル状態情報を用いた教師無し学習によるドアの開閉検知手法
*尾原和也, 前川卓也 (大阪大学), 村上友規, アベセカラ ヒランタ (NTTアクセスサービスシステム研究所)
2. [UBI] 転移学習を用いたWi-Fi電波による屋内日常物の状態推定に関する検討
*キム ヘン, 尾原和也, 前川卓也 (大阪大学), 村上友規, アベセカラ ヒランタ (NTTアクセスサービスシステム研究所), 天方大地, 原 隆浩(大阪大学)
3. [UBI] 通信規格の進化による送受信端末の非互換を回避するための異種無線規格変換システムの提案
*神田隆史, 神武直彦 (慶應義塾大学)
4. [UBI] スピーカーと複数マイクロフォンアレイを用いた宅内位置推定
*米岡尚樹, 荒川 豊, 安本慶一(奈良先端科学技術大学院大学)

14:55 – 16:10 :知的システム (3件)
1. [UBI] Web検索での行動履歴データを用いた検索プロセスの知識化
*永野一馬, 荒川 豊, 安本慶一 (奈良先端科学技術大学院大学)
2. [UBI] 端末側での適応的通知タイミング制御の実現に向けた通知情報調査システムの構築と調査結果
*髙城賢大, 松田裕貴, 安本慶一 (奈良先端科学技術大学院大学)
3. [HCI] 個人の旅行写真の一般物体認識に基づく観光地推薦のためのユーザインタフェース
*北村理紗, 伊藤貴之 (お茶の水女子大学)

16:20 – 18:00 :支援システム (4件)
1. [HCI] 複雑ネットワークの可視化におけるクラスタ分析を支援する対話機能
*高野 陸, 脇田 建 (東京工業大学)
2. [HCI] スマートウォッチを用いたモノづくりマニュアル作成支援システムの提案
*会津慎弥, 塚田浩二 (公立はこだて未来大学)
3. [HCI] 認知症高齢者の個性を尊重した介護現場におけるケア従事者の気づきを共有できる振り返り支援システム
*宮坂光太朗 (静岡大学), 田中とも江, 船橋美沙子, 加藤貴徳 (ケアホーム西大井こうほうえん), 石川翔吾, 桐山伸也 (静岡大学)
4. [HCI] 地域社会の繋がりを活かした生活者課題解決を目的としたパーソンセンタードケア視点の分析
*林 瑞恵, 木村 篤信, 井原 雅行 (NTTサービスエボリューション研究所)

2日目
9:15 – 10:30 : 視線・集中・記憶 (3件)

1. [HCI] スクロール量を使用した文脈情報が記憶に与える影響
*清 夏実, 岡 誠, 森 博彦 (東京都市大学)
2. [HCI] 一点注視型タスクにおける周辺視野への視覚刺激提示が集中度に及ぼす影響
*桑原樹蘭, 高橋 拓, 中村聡史 (明治大学)
3. [HCI] ユーザの視線情報分析に基づく現実空間のBADUI検出に関する検討
*松山直人, 田島一樹, 中村聡史 (明治大学)

10:45 – 12:00 :認識と予測 (3件)
1. [UBI] 携帯端末位置履歴を用いた階層ディリクレ混合回帰モデルに基づく活動人口予測
下坂正倫, *早川裕太 (東京工業大学), 坪内孝太 (ヤフー株式会社)
2. [UBI] 衣服のシワを用いた入力インタフェースにおける装着位置や周辺環境の影響評価
*上田健太郎, 寺田 努, 塚本 昌彦 (神戸大学)
3. [HCI] シート型圧力センサを用いた洗面台前生活行動識別の試み
*園田謙人, 小山貴之, 平井 重行 (京都産業大学)

12:00-13:00 :お昼休憩

13:00 – 14:15 :UIUX設計 (3件)
1. [HCI] 大形スマートフォンの片手操作のためのカーソル設計に関する調査
*八箇恭平, 志築文太郎 (筑波大学)
2. [HCI] 自由度の高い身体動作による即興合奏支援のための動作入力機構の試作
*一ノ瀬修吾, 水野創太, 白松 俊 (名古屋工業大学)
3. [HCI] 制約つきグラフ描画によるユーザインタフェースを用いたダイジェスト動画作成
*山下紗季, 伊藤貴之 (お茶の水女子大学), Czauderna Tobias, Wybrow Michael (Monash University)

14:30 – 16:10 :可視化 (4件)
1. [UBI] Twitterにおける虚偽情報拡散抑制に向けた情報拡散コミュニティ可視化手法の検討
*日下部眞太郎, 米澤拓郎, 大越 匡 (慶應義塾大学), 鈴木もとこ, 山田 曉 (NTTドコモ), 中澤 仁 (慶應義塾大学)
2. [HCI] 動的ネットワークの時空間探索的可視化
*武田一起, 脇田 建, 阿部圭佑 (東京工業大学)
3. [HCI] 作業中の無駄な時間を可視化するシステムの提案
*中島祥行, 小林 稔 (明治大学)
4. [HCI] SNSユーザの情報拡散行動パターンの可視化
*岩科智彩 (お茶の水女子大学), 吉田光男 (豊橋技術科学大学), 伊藤貴之(お茶の水女子大学)

16:10 – 17:10 :表彰式と受賞者による報告
UBI研究会 2018年度前期 国際発表奨励賞

照会先:
第60回研究会担当
UBI研
ローカル担当:寺田努(神戸大学) tsutomu[@]eedept.kobe-u.ac.jp、村尾和哉(立命館大学):murao[@]cs.ritsumei.ac.jp
プログラム担当:玉城絵美(早稲田大学) hoimei@acm.org、樋口啓太(東京大学) khiguchi[@]acm.org
※ [@]→@と置き換えてください。

UBI研申し込み分に関する特記事項
1. 平成21年度より情報処理学会の研究会活動がオンライン化され、研究報告の紙媒体での出版の廃止や、論文公知日が研究発表会開催初日の1週間前になる等の変更があります。
2. ユビキタスコンピューティングの研究に関して、技術の進展に寄与した研究内容を表彰します。
3. ここで収集した申し込み情報は、第60回UBI研究会の管理運営のためにのみ用い、ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません。


カテゴリー: 未分類

第59回研究会

第59回UBI・第13回ASD合同研究発表会発表募集のご案内(8/31〜9/1)

2018年8月31日(金)–9月1日(土)に,下記の通り第59回UBI研究会・第13回ASD合同研究発表会を開催いたします。
皆様からの多数のご投稿をお待ちしております。

日程:
2019年8月31日(金)–2019年9月1日(土)

会場:
函館アリーナ 多目的会議室B
〒042-0932
函館市湯川町1-32-2
http://www.zaidan-hakodate.com/arena/gaiyou.html

発表申込締切:
2018年7月23日(月) 23時59分
(締切延長しました)

原稿締切予定:
2018年8月6日(月) 23時59分 (厳守)

参加費:
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html

テーマ(UBI)
・ユビキタスサービス、ヒューマンインタラクション
・ユビキタスネットワーク
・ユビキタスセキュリティ
・モバイル/ウェアラブルコンピューティング
・アーキテクチャ、ミドルウェア、エージェント
・ユビキタスデバイス
・コンテクストセンシング、ユビキタス生活支援、スマートスペース、スマートシティ、一般

発表申込:
以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください。
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/UBI
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

原稿ページ数:
6〜8ページ

プログラム:
※発表時間: 15~20分 質疑応答5~10分 計25分

8月31日(金) 14:00–14:50 映像
14:00–14:25
(1) 一人称ライフログ映像からの顔検出に基づいた社会活動計測:当事者,二人称,他者視点による印象評価
○奥野 茜・角 康之 (はこだて未来大学)

14:25–14:50
(2) GANonymizer: 物体検出と敵対的生成を統合した映像匿名化手法
○谷村朋樹・河野 慎・米澤拓郎・中澤 仁 (慶應義塾大学)

8月31日(金) 15:05–16:20 ユーザ心理
15:05–15:30
(3) Exploring Factors that Influence Connected Drivers to Not Follow Recommended Optimal Routes
○サムソンブライアンポール・角 康之 (はこだて未来大学)

15:30–15:55
(4) 追従ロボットとユーザの位置関係が及ぼす心理的影響の調査
○前原啓太・藤波香織 (東京農工大学)

15:55–16:20
(5) 他ユーザの記録表示を通じた学習の動機づけ向上
○羽柴彩月・佐々木航・大越 匡・中澤 仁 (慶應義塾大学)

8月31日(金) 16:35–17:35 招待講演
(6) 優しい介護インタラクションの計算的・脳科学的解明
○中澤篤志 (京都大学)・倉爪 亮 (九州大学)・本田美和子 (東京医療センター)・佐藤 弥 (京都大学)・石川翔吾 (静岡大学)・吉川佐紀子 (京都大学)・伊藤美緒 (東京都健康長寿医療センター)

8月31日(金) 18:00–20:00 懇親会

9月1日(土) 10:00–10:50 行動認識
10:00–10:25
(7) ウェアラブルセンサを用いたジェスチャ中の任意動作発生タイミング検出手法
山田浩史 (神戸大学)・○村尾和哉 (立命館大学)・寺田 努 (神戸大学/JSTさきがけ)・塚本昌彦 (神戸大学)

10:25–10:50
(8) マイクロ波ドップラセンサを用いた転倒検知のためのセンサ設置位置の検討
○高尾郁也・鏑木崇史・栗原陽介 (青山学院大学)

9月1日(土) 11:05–11:55 トラッキング
11:05–11:30
(9) 高出力BLEビーコンによる認知症高齢者見守りのための徘徊経路可視化機構の試作
○荒川智哉・白松 俊・岩田 彰・クグレマウリシオ (名古屋工業大学)

11:30–11:55
(10) 祭りにおける鬼トラッキングシステム「おにどこ」の開発と実証実験に基づく需要調査
○山下賢治・大村廉・水谷晃啓 (豊橋技術科学大学)

9月1日(土) 13:00–14:00 BoFセッション

9月1日(土) 14:15–15:05 エッジコンピューティング・IoT
14:15–14:40
(11) CityFlow: 超分散エッジ環境における機械学習システム実現のための知的都市開発環境
○河野 慎・米澤拓郎・谷村朋樹 (慶應義塾大学)・Lea Rodger (ランカスター大学)・中澤 仁 (慶應義塾大学)

14:40–15:05
(12) IoTデバイスからのシームレスデータ集約システムの開発
○西尾啓汰 (青山学院大学)・Gregory Shay (テキサス工科大学)・鏑木崇史・栗原陽介 (青山学院大学)

照会先: 
第59回研究会担当
UBI研
プログラム担当:渡邉拓貴 (北海道大学) hiroki.watanabe[@]ist.hokudai.ac.jp
ローカル担当:角康之 (はこだて未来大学) sumi[@]acm.org
ASD研
山田和範 (パナソニック) yamada.kazunori[@]jp.panasonic.com
※ [@]→@と置き換えてください。

UBI研申し込み分に関する特記事項
1. 平成21年度より情報処理学会の研究会活動がオンライン化され、研究報告の紙媒体での出版の廃止や、論文公知日が研究発表会開催初日の1週間前になる等の変更があります。
2. ユビキタスコンピューティングの研究に関して、技術の進展に寄与した研究内容を表彰します。
3. ここで収集した申し込み情報は、第59回UBI研究会の管理運営のためにのみ用い、ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません。


カテゴリー: 未分類

第58回研究会

第58回UBI研究発表会および発表募集のご案内(5/18〜19)

2018年5月18日(金)-5月19日(土)に、
下記の通り第58回UBI研究会を開催いたします。
奮ってお申し込みください。
皆様からの多数のご投稿をお待ちしています。

■日程:
2018年5月18日(金)-5月19日(土)

■会場:
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-8-1

■発表申込締切:
2018年4月3日(火) 23時59分
(締切延長しました)

■原稿締切予定:
2018年4月24日(火) 23時59分(厳守)

■参加費:http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html

■テーマ(UBI)
・ユビキタスサービス、ヒューマンインタラクション
・ユビキタスネットワーク
・ユビキタスセキュリティ
・モバイル/ウェアラブルコンピューティング
・アーキテクチャ、ミドルウェア、エージェント
・ユビキタスデバイス
・コンテクストセンシング、ユビキタス生活支援、スマートスペース、スマートシティ、一般

■発表申込:
以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください。
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/UBI
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

■原稿ページ数:
6~8ページ

■参加登録:
※重要※今回のUBIの参加登録はオンラインでの試行を行っております。お手数ですが、下記よりご登録ください。(現地での参加費支払いも通常通り行っておりますが、できるだけオンラインでの登録をお願い致します。)
【参加申し込みサイト】
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/019untziwx3d.html

■プログラム
※発表時間: 15~20分 質疑応答5~10分 計25分

5月18日(金) 16:00 – 17:15 行動認識1・センシング
16:00-16:25
(1) 生活リズムの類似性や周期性に基づく心身の健康状態の推定と予測
◯高橋雄太・荒川豊・安本慶一(奈良先端科学技術大学院大学)

16:25-16:50
(2) 飲料のアルコール濃度計測を行うスマートアイスキューブの試作と評価
◯松井秀憲・橋爪崇弘・矢谷浩司(東京大学)

16:50-17:15
(3) 診断ツールを用いたスマートタップの消費電力情報による人の行動推定精度の実証評価
◯髙林優稀・布施宏樹・野本祐介・一色正男・安部惠一(神奈川工科大学)

5月18日(金) 18:30 – 20:00 招待講演
18:30-19:00
講演(1) 機械と人間の協調
講演キーワード: 深層学習, 機械学習, 人と機械との協調
講演者: 土井裕介(PFN)

19:00-19:20
講演(2) 機械学習とIoTと研究の接点 ~行動認識による地域イノベーション・エコシステムを題材として~
講演キーワード: ビッグデータ, IoMT (Internet of Medical Things), LoraWAN, 介護・医療応用
講演者: 井上創造(九州工業大学)

19:20-19:40
講演(3) 仮想と現実のあいだのBluetooth Low Energy
概要: Bluetooth Low Energy(BLE)は主要な近距離無線通信規格のひとつで,スマートフォンやプロトタイピングボードでの通信手段のほか,屋内測位のためのビーコンとしても用いられる.本発表では,さまざまな場面で活用されるBLEの概要と,NICT StarBEDにて研究開発を行っているBLEエミュレーションシステムBluMoonについて紹介する.
講演者: 湯村翼(NICT)

19:40-20:00
講演(4) NICT北陸StarBED技術センターにおけるIoT技術検証のための取り組み
概要: NICT北陸StarBED技術センターでは、2002年からICT技術の大規模かつリアルな検証基盤の構築に取り組み、
大規模システムや無線システムの検証のためのプラットフォームを提供しています。2016年度からはIoT技術の検証基盤の構築を目指し、
これまでの研究開発を応用した上で、様々な研究開発を行っています。本発表ではStarBEDの概要とIoT技術検証のための取り組みについて紹介します。
講演者: 宮地利幸(NICT)

20:30-22:00 懇親会

5月19日(土) 10:30 – 11:20 データ利活用・予測技術
10:30-10:55
(4) 大規模ユーザの時空間滞在・経路パターンに基づく早期目的地予測
◯今井遼(東京工業大学)・坪内孝太(ヤフー株式会社)・小西達也(東京大学)・下坂正倫(東京工業大学)

10:55-11:20
(5) バス運行状況ウェブサービス情報を用いた乗換案内アプリのための路線バス所要時間推定
◯綿貫圭太・下坂正倫(東京工業大学)

5月19日(土) 11:20 – 11:50 優秀論文表彰

5月19日(土) 13:00 – 14:45 招待講演
13:00-13:45
講演(1) IoTの進化とセキュリティの課題
講演キーワード: IoT, スマートシティ, IoTのセキュリティ
講演者: 徳田英幸(NICT)

13:45-14:05
講演(2) ライブエンターテイメントとエンジニアリング
講演者: 柳沢豊 (mplusplus株式会社)

14:05-14:25
講演(3) 公共交通オープンデータの普及活動と情報系研究者の社会的役割
講演キーワード: 公共交通オープンデータ, シビックテック, デジタルトランスフォーメーション
講演者: 伊藤昌毅(東京大学)

14:25-14:45
講演(4) 時空間情報処理と可視化
講演キーワード: 人流解析, 交通解析, 可視化
講演者: 河口信夫(名古屋大学)

5月19日(土) 15:00 – 16:15 行動認識2・通信技術
15:00-15:25
(6) ジェスチャ・行動認識のための加速度信号アップサンプリング手法に関する検討
◯吉村直也・前川卓也・天方大地・原隆浩(大阪大学)

15:25-15:50
(7) 単一光源を用いた複数動画カメラへの選択的可視光通信
◯平野新・嶋田祥太(北海道大学)・橋爪宏達(国立情報学研究所)・杉本雅則(北海道大学)

15:50-16:15
(8) ハンズフリーメガネ端末による情報伝達
糸数泰成・馮晨・吉田怜司・高橋裕也・◯菅谷みどり(芝浦工業大学)

■照会先: 
第58回研究会担当
UBI研
プログラム担当:廣井慧(名古屋大学) k.hiroi[@]ucl.nuee.nagoya-u.ac.jp
ローカル担当:土井裕介(Preferred Networks) doi[@]preferred.jp 寺田直美(NICT) 宮地利幸 (NICT)
※[@]→@と置き換えて下さい。

■UBI研申し込み分に関する特記事項
1 平成21年度より情報処理学会の研究会活動がオンライン化され、研究報告の紙媒体での出版の廃止や、論文公知日が研究発表会開催初日の1週間前になる等の変更があります。
2 ユビキタスコンピューティングの研究に関して、技術の進展に寄与した研究内容を表彰します。
3 ここで収集した申し込み情報は、第58回UBI研究会の管理運営のためにのみ用い、ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません。


カテゴリー: 未分類